コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

図解 貴婦人のドレスデザイン 1730~1930年: スタイル・寸法・色・柄・素材まで

年代別で女性用の下着からドレス、コート、靴、ストッキングや日傘までもがイラスト(白黒スケッチ)と共に紹介されています。
章のはじめにはその年代の流行りについてもちょこっと書かれていました。
「貴婦人」のドレスなので、メイド服や市民、農民の衣裳は書いてありません。

何と言ってもすごいのが、ドレスの各部位に寸法が書いてあること(場合によってはそれがちょっと見にくいのが難点!)
「舞台衣装やドール衣裳の製作にも!」と書かれているくらい詳細です。
型紙がついているわけではないので、これだけでは作れませんが、型紙からおこすことができるのならそっち方面の人にとっては便利な一冊かもしれませんね。


索引の他に用語集も載っていて、「モスリン」って何?とか「ペチコート」「クリノリン」ってどんなの?な説明も記載があります。
西洋ファンタジーを読んでいると服装についての記述がありますが、私、ちょっと前まではいちいち手を止めて何を指すのかをウィキで調べていました。
だって初めて聞くものって、どんな服装かわからないんですもの。
これからは、この本片手に用語集や索引から検索すれば登場人物がどんな服装か調べられます。
逆にファンタジーを書く時の資料にもなる!



あと、本には「スタイル・寸法・色・柄・素材まで」とありますが、中身は全て白黒の手書きスケッチ。
スタイルや寸法は解りますが、色・柄・素材は??です。
深緑のシルクで~、や白いサテンの~という記載だけなので勘違いする人もいるかもしれませんが、正直スケッチだけでは、素材や色はよくわかりません(苦笑)
あ、花柄等は描いてあるので「柄」の項目はわかるかも?
それでもモノクロイラストを描く参考にするのならいいかもしれませんね。







似たような資料でカラーを希望するならコチラ↓がおすすめ。
中世ヨーロッパの服装



【図書館】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

背景ビジュアル資料(シリーズもの)


こちらは文章資料ではなく写真資料ですが、ファンタジーに使えそうな洋館やお城、街並が乗っています。
写真を見ながら背景描写をするならいいかも。ただ、建物の配置図はないのでご留意を。
あくまで写真集です。
また、写真も背景に使えそうな角度のものしかありません。

実は、友人とゲームを作る背景資料にしようと思い、図書館で借りました。
写真を使った加工方法も載っていて、あら超便利! と思ったのですが、最後のページに著作権は放棄していないので二次創作に使う場合は要連絡! と書いてありました。
うむむ……使ってもいいけど使用用途は連絡しなさいよ。場合によっては許可しません。って所ですね。

残念ながら使うのは断念しました。
が、見ているだけでも綺麗なので、トレースしないで自分で描く参考資料とか、背景描写に使うのなら便利だと思いました。
ネットで探す写真は「観光に行きました」っていう外観写真しか見つからないので。ヨーロッパの街並みは素敵です。




ヨーロッパの町並・路地裏・村



ヨーロッパの邸宅・宮殿・教会



洋館・洋風建築




シリーズものなので、工場とか病院とか、廃墟とか歓楽街とかいろいろなものがあります。



【図書館】
コンテントヘッダー

中世ヨーロッパの服装

服装を調べたくてネットサーフィンしましたがなかなか情報がなくて…。
そんなときにAMAZONにお勧めされたのがコレ。
は?306円!?(笑)

オーギュスト・ラシネが1877~1888年にかけて刊行した服装史全6巻のうち2、3巻の中世の服装を抜粋したものです。
しかも服の絵は全てカラー。
ネットで探すと当時の絵画しかヒットしないんですよね。しかも上半身だけの。

ドレスの裾どうなってんの?背中は??な疑問もこれなら即解消!
後ろとか横とか19世紀に描かれたイラストが載っています。
まあ、貴族の男性は本当にタイツですけど…(笑)


服の名前や髪飾りなども。馬の装飾なども。
貴族、平民、農民、聖職者、騎士。
フランス、イギリス、イタリア…など国別。


このシリーズは文庫サイズででているので(原本の抜粋だけど)安いしお勧めです。
特にイラストを描く場合は。もちろん服の名称やちょっとした説明もあるので小説執筆にも♪







【購入済】
コンテントヘッダー

愛のヴィクトリアン・ジュエリー

宝石が出てくる小説を書いているので、参考にみてみました。
ヴィクトリア女王がどれだけ宝石を愛していたか解ります。
じゃなくって、当時流行った宝石やデザインが解ります。
ジュエリーの写真はすべてがカラー。絵を描くには参考になりますね。
説明の文章はちょっとです。でもヴィクトリア女王とアルバート公がどれだけ宝石に魅力を感じ、収集する事に心血を注いだかが書いてありました。

項目別に…ゴールド、パール、ダイヤモンド、エナメル、インタリオ(沈み彫り)、カメオ(浮き彫り)、ローマンモザイク、スコティッシュ(スコットランド産色メノウ)、ピクウェ(べっ甲や象牙に象嵌したもの)、アイボリー(象牙)

ブリリアントカットが考案されたのもこの頃で、ただ硬いだけのダイアモンドの価値が上がったのもこの頃だとか。

それ以外に、ウェディングドレスと喪服。
ウェディングドレスに白を使ったのがヴィクトリア女王で、それ以降白は花嫁の色になりました。それから旦那さんが死んでからはずっと喪服だったので。ウェディング用と喪用の宝石が載ってます。結婚指輪とか、ジェットで作られたアクセサリとか。
あとレースの写真と、何故かアフタヌーンティー用の銀器が。銀=ジュエリーってこと?

宝石言葉とかそういうのを知りたかったんだけど、当時の宝石の傾向がわかっただけでも良いかな?
REGARDの宝石も数種類ありました。私もほしー(笑)







【図書館】
コンテントヘッダー

図説 イギリスの王室

とりあえず、と西洋の歴史を手当たり次第調べようと読んだ本。
イギリスの最初の王ノルマンディ公爵からエリザベスⅡ世まで。
要するに歴史の教科書的な内容ですが、暗殺とか裏切りとかそういった類も載っているのでちょっと楽しい。
まるで昼ドラみたいな…。

文章では金髪で…碧眼で…背も高く…女性がほっとかない…と王子様を連想させるのに横にある微妙な肖像画が私の妄想力を朽ち果てさせます(笑)






【図書館】
プロフィール

来栖ゆき

Author:来栖ゆき
HPでほそぼそと小説を書いています。

発売中
小説
「小説家になろう」にて連載中
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。