コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「トゥルーブラッド」シリーズ


※現時点で10巻。
ぼちぼち最近ハマってる小説の紹介をしていこうかなと思います。





舞台はアメリカ南部の田舎町。バンパイアが人間に存在を暴露して共同生活をしているという設定。
主人公のスーキーは二十代前半のスタイル抜群ブロンド美人。見た目はいいのにモテない理由は、他人の心が読めてしまうという特殊能力があるため。
そんなある日、働いているバーに噂のバンパイアが現れて……というストーリー。

バンパイアや狼男とのラブはありますが、ラブロマンスというよりはミステリー色が濃く、犯人は誰!?という推理がメイン。
人・バンパイアもばったばったと死にます。
誰かが死ぬたびに巻き込まれ、巻を追うごとにだんだんと逞しくなっていくスーキーがかわいくもあり、かっこいい。

全体的にスーキーの一人称で進んでいくので翻訳小説のなかでも読みやすい部類に入るのではないかなと思っています。
特殊能力のお陰で一人称で書いていても相手の考えや行動がわかるからこういった書き方ができるのでしょうか。読み始めると止まりませんし、変な訳で「ん??」とつまづく事もないです。



海外ではドラマ化もされ、1,2年前から日本でも放送しています。
最近DVDレンタルも始まりました。有料チャンネルのLALATVが見れなかった私としては喜び勇んでレンタルしたのですが、お兄ちゃん(スーキーの兄)やりすぎだよ!ってくらいやってました。色々と(苦笑)
スーキーよりも目立っていたんじゃないかな。
それから、スーキーはかわいいのですが、ビルやエリックはトム・クルーズやオーランド・ブルームばりのイケメンを採用してほしかったな、と。

だって日本の小説にあるイラストはイケメンなんだものー!
あ、でもサムはかっこ良かった。


ドラマの方は南部出身とか独立戦争とか奴隷制度とか、それからバンパイア、狼男などが存在するためか、人種差別的なものが根底に絡んでいます。
小説の方はここまでドロドロしていないのですがね……。





ともかく、新刊が出たら本屋を数件回らないと手に入らない本です。
本屋の海外小説コーナーの平積み場所、一ヶ所だけ空いてるんですよねぇ……。


スポンサーサイト
プロフィール

来栖ゆき

Author:来栖ゆき
HPでほそぼそと小説を書いています。

発売中
小説
「小説家になろう」にて連載中
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。