コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

お姫さま大全 100人の物語

古今東西、歴史上の人物から小説、神話、童話、オペラの中にでてくるお姫様100人についてまとめた本。


シンデレラや白雪姫などの童話のお姫様。実在した人物だとエリザベス1世とかポンパドール侯爵夫人、それから最近のプリンセスだとダイアナ元妃とか。
小説ではプリンセスダイアリーのミアや慶王陽子(十二国記)までのっていて。
慶国女王=お姫さまって位置づけらしいです(笑)
とにかく姫と名の付く人ならサロメでも妲己でも西太后でも(=悪女)エピソードと共に紹介されています。
何でこのお姫様を選んだ?って人もいますが、面白かった。


こちらの本、子供向けのようで漢字にはすべてカナがふってありました。
小学校低学年で読めたとしても内容的に(お姫様によっては)難しいのでは? と個人的には思います。自分の子供を暗殺するお姫様とか、政略結婚とか、ギロチンで死んだお姫様もおりますし(苦笑)
でも歴史を勉強するとっかかりにはなるかな?
各ページには肖像画や実際の写真とイラストが載っていてイメージしやすい。
大人が読む分にはじゅうぶん楽しめると思います。






【図書館】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

少女マンガで読み解く 乙女心のツボ

作者の方が歴代少女マンガのあらすじを説明しつつ、ところどころにツッコミを入れながらも女性が好きな男性像を語るエッセイです。
男性には絶対に理解できない乙女心のツボ。
「そうなの!こうなったときはこうして欲しいの!」という心理、男性はまったく理解してくれないんですよね。
内容が的を射ていて面白すぎでした!

昔の少女マンガでは、はいからさんやベルばら。
最近の漫画もストロボエッジや乙男など。

漫画の男の子の胸きゅん台詞も抜粋されています。
思い出すとニヤニヤしちゃいます(笑)

それから、少女マンガにありがちな設定と、その設定にしなければならない理由についても(作者さんの意見ですが)記載されています。
ここはナルホド、と参考になりました。このベターな設定を使わなければ、あるいは使って乙女心を鷲づかみできるかもしれません。

世の中の女性は猫より犬派――とありましたが、私は尻尾ふってまとわりつく犬よりも、気まぐれで甘えてくる猫の方が好きかな、と。
でもそれが《男》だったら犬っぽい性格のほうがいいのかしら?
むしろ男だったら虎か狼の方が(笑)


女性の心理や、女性が思い描く男性像は、実際男性からしたら理解しがたい部分が多い(ってかほとんど? 笑)かと思いますが、これは是非とも男性に読んでいただきたい本でした。
乙女ゴコロを理解するのに、また好きな女性をオトすために1冊、いかがですか?







【図書館】
コンテントヘッダー

美人の日本語

1年365日を365個の単語に分けて、その単語について書かれています。
例えば4/1なら「四月朔日(わたぬき)」、5/1なら「皐月(さつき)」。
そしてなぜこの言葉が生まれたのか。

言葉の歴史とか、意味が書かれていますが、辞書という堅苦しいものにみえないのは、この言葉に対しての想い(作者さんの)が溢れているからなのかな、と思いました。
なぜだか読んでいて心がほんわかしてしまいます。

日本語って綺麗だな、と実感できる本でした。

単行本ですが、文庫本が発売していると知りそちらを購入。
ぱらぱらと眺めているだけでもいいし、寝る前に1つ読むのもストレスなく楽しめるかもしれません。

印象的には「詩集」に近いのかも。







【図書館】→【購入】
コンテントヘッダー

オペラ・ギャラリー50&バレエ・ギャラリー30

やだ、なにこれオモシロイっ!

50種類のオペラについて解説。
それぞれのオペラで歌われる有名なアリア2,3曲と、あらすじをイラストで紹介しています。
登場人物相関図もあり、オペラの始まりから終わりまでを綴っている心境の変化グラフは必見でした。

オペラってイタリア語だし見に行っても言葉わからないし……と敬遠していてテレビで翻訳読みながら眺めるだけの人にオススメです。
私がそうなので(笑)
イラストもかわいいので眺めるだけでもいいです。

「これどんなオペラだっけ?」がこの一冊で解決するのでめちゃくちゃ便利。







同じような本でバレエギャラリー30もあります。
バレエって手や体の動きで表現されても意味わからないし……と敬遠していた人は是非(笑)
作者は一緒ですがイラストが違うのでちょっと残念ですが。







【オペラのみ図書館】
プロフィール

来栖ゆき

Author:来栖ゆき
HPでほそぼそと小説を書いています。

発売中
小説
「小説家になろう」にて連載中
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。