コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

中世ヨーロッパの服装

服装を調べたくてネットサーフィンしましたがなかなか情報がなくて…。
そんなときにAMAZONにお勧めされたのがコレ。
は?306円!?(笑)

オーギュスト・ラシネが1877~1888年にかけて刊行した服装史全6巻のうち2、3巻の中世の服装を抜粋したものです。
しかも服の絵は全てカラー。
ネットで探すと当時の絵画しかヒットしないんですよね。しかも上半身だけの。

ドレスの裾どうなってんの?背中は??な疑問もこれなら即解消!
後ろとか横とか19世紀に描かれたイラストが載っています。
まあ、貴族の男性は本当にタイツですけど…(笑)


服の名前や髪飾りなども。馬の装飾なども。
貴族、平民、農民、聖職者、騎士。
フランス、イギリス、イタリア…など国別。


このシリーズは文庫サイズででているので(原本の抜粋だけど)安いしお勧めです。
特にイラストを描く場合は。もちろん服の名称やちょっとした説明もあるので小説執筆にも♪







【購入済】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

来栖ゆき

Author:来栖ゆき
HPでほそぼそと小説を書いています。

発売中
小説
「小説家になろう」にて連載中
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。